~リアル官能イラスト満載

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



令夫人 夢魔の悶え

...2009/10/23 21:39...

 私の知り合いに、中々のやり手と言うか、違法すれすれの取材方法は当たり前と言うルポライターがおりまして。それだけに一般の人間には絶対知り得ないような、驚愕的とも言える面白い話が聞けたりするのですが。
 この件も、絶対に公言しないようにと釘を刺され、本人も自分の身に危険が及ぶ可能性を考えているのでしょう、仮名でしか話してくれませんでした。相当な地位にある人物に関する情報のようです。
 確かにその内容が公になった場合、地位名誉など一気に吹き飛んでしまうだろうと、容易に想像できるほど破廉恥極まりない物で、私は時間を忘れて聞き入ってしまったのです。お陰で料亭の支払いが、そんなに高級な所ではないのに接待費内で間に合わなくなり、身銭を切る羽目になってしまいました。
 しかし、それも惜しくないほど凄い内容だったので、ちょっとだけ想像を膨らませ、一応「官能小説」風に綴って見たいと思います。ただ素人ですし、表現に細心の注意が必要なこともあり、制作に時間が掛かりそうですので、何回かに分けて掲載させて頂きます。



     令夫人 夢魔の悶え    代議士夫人-麻沙美(仮名)

夢魔の悶え


「一週間以上も旦那いないんだろう?・・・元国際線のスッチーさんは、そのムッチムチのグラマーボディ持て余しちゃってさァ、もう・・・誰でもいいから~ヤッて~!っ感じぃ?・・・って言うかさァ、二回り以上も年上の爺さん相手じゃ、はなっから欲求不満で、毎晩独りで 悶えてんのかな?」
 もう何度聴かされた事か、この下品な声、卑猥な言葉。
確かに電話の男が言った通り夫は六十五歳、麻沙美より三十も年上。だが彼女が夫婦生活に不満を感じた事は一度もないし、夫も同じ気持ちだと麻沙美は信じている。
ただ代議士を務める夫が、間近に控えた総選挙の根回しで、地元の有力者の挨拶回りに帰郷して凡そ一週間。通いの家政婦には夫が帰るまで休んで貰っているし、子供のいない麻沙美が、広い屋敷での一人暮らしを持て余しているのは事実だった。

夢魔の悶え-さしえ-1

『そんな冗談おやめ下さい・・・そろそろお風呂の用意をしなければいけませんの・・・これ以上お相手出来ませんので失礼させて頂きます・・・』
「チョ、チョッと待ってよ、・・ってことは、そのムッチムチのいやらしいゴージャスボディ泡まみれにして、揉みたくったりするのォ?・・・乳首プックリおっ起てちゃって擦り捲ってさァ、・・・ヒ~ヒ~言っちゃうのかな~ッ?」
『そっ・・・そんなァ・・・・・アァ~~・・・なんて事を・・・・・』
「おーっ、その、アァ~~って溜め息・・・堪んねェ~なァ・・・もう感じちゃってんじゃないのォ?とっくに指突っ込んでよォ、こねくり回してんだろ~?」

夢魔の悶え-さしえ-3

 麻沙美は男の余りの下品さに怒りを覚え、全身をわなわなと震わせていた。
だが、男が夫の支援者という可能性だってある。
だとしたら、あまり無愛想な対応も出来ない。適当に相手をしておくのが得策だろう。いや、そのつもりだった。
『お願いですから、・・・そんな事おっしゃるのおよしになってェ・・・』
 懇願する余り、思わず麻沙美の口調が媚びるような感じになってしまった。
その隙を逃さず、男は一気にたたみ掛けた。
「へへッ、甘ったるい声出しちゃってェ、やめないでモット~って感じィ?・・・じゃ、パンティの中に受話器突っ込んでサ・・・受話器ズッポリ入れ込んじゃってさァ、ジュボジュボッて感じで奥さんのイヤラシイ音聞かせてヨ~・・・俺もうビンビンにおっ起てて擦り上げてんだからァ・・・奥さんの悩ましい喘ぎ声で早くイカせてよォ~」
『もうそれ以上おっしゃらないでェ、頭が変になりそうで・・・本当に失礼させて頂きます・・・』
 結婚以来六年、麻沙美は夫の深い愛に包まれ、平穏な日々を送ってきた。また他人に怨まれるような覚えもない。そんな自分が、何故こんな辱めを受けなければならないのか。
 男への怒りと言うより、その仕打ちに対して何ら成す術を持たない自分への悔しさで、彼女は全身をひくつかせ嗚咽していた。
震える手でようやく受話器を置くと、溢れ出る涙を拭おうともせず、麻沙美はおぼつかぬ足どりで浴室へと向かった。
夢魔の悶え-さしえ-4


 間近に迫った選挙の根回しで、夫が上京したのは凡そ一週間前。その直後から、急激に増えた麻沙美へのイタズラ電話。特に今日は、午後になって立て続けに掛かってきたせいで、殆ど家事も出来ない有り様だった。だが何よりも麻沙美にとって気掛かりなのは、男達の卑猥な言葉を繰り返し聞かされている内に、催眠術にでも掛かったかのように、彼女の体の中で微妙な変化が起き始めている事だった。

 ボディソープの泡一杯に満たされたバスタブに、麻沙美は放心したように身を委ねていた。

〈…ムッチムッチのいやらしいゴージャスボディ泡まみれにして 揉みたくったりするのかなァ?…〉

 思い出すとも無くさっきの男の言葉を反すうしていた麻沙美は、有らん事かその言葉通りに、いつの間にか自らの豊乳を柔々と揉みしだいていた。

夢魔の悶え-さしえ-5


  “ジュクン”  という微かな愉悦の兆しに、ハッと我に返った麻沙美だったが・・・・・。       (つづく)






美しく官能的であれば、ジャンルを問わず興味は有ります。
【2009/11/08 14:54】
URL | 不真締直人 #-[ 編集]




この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://humajimeshi.blog61.fc2.com/tb.php/16-58e5b589
CALENDER
08 ⇔ 2018/09 ⇔ 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

春魔館

Author:春魔館
春魔館はるまかんHARUMAKAN



        ※ お願い ※
★成人向けブログです。未成年の方は閲覧をお控え下さい★

世の中色々御座いますが、楽しくご覧いただけましたら幸いです。
★「ブログランキング」タグと「拍手」タグのクリックの方も、宜しくお願いします。調子付いて不真締サンも活躍する事と思います。

 ご意見ご希望なども、コメントで頂ければ有り難いです。
 
※ なお【営利目的】での、画像や文章などの無断使用は、固くお断りします。
 
※ 注 : 当ブログに登場する人物および団体などは、あくまでも架空のもので、実在いたしませんので、念のため・・・。

 では末永くお付き合いのほど、宜しくお願い申し上げます。     '09/9/9

PR
 クリック→ 【ID登録はコチラから簡単に出来ます】


双葉文庫「同棲ジェラシー」2011/8/14発売 双葉文庫「誘惑吐息」2010/12/16発売!本体600円
FC2カウンター since'09/09/09
Link-1
 お願いクリック!
  • 管理画面
  • 【リンク用バナー】
    最新記事
    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    QRコード
    QRコード